飛行機大好き

旅客機や貨物機、外国旅行などに関する学びや思いを述べています。

飛行機写真撮影講座【1】

わんたんめんです、こんにちは。

 この度「私の飛行機写真」シリーズを発展的に改編し「飛行機写真撮影講座」にしました。対象はこれから旅客機や貨物機の写真を撮ろうと考えている初心者の方がたです。私も初心者ですが、これまで旅客機や貨物機を撮影してきて感じたことや工夫したこと、成功したこと、失敗したことなどを書いていきます。

 まず、私わんたんめんの撮影機材を改めて紹介します。

①カメラボディー:ニコンD5300(デジタル一眼レフ

②交換レンズ:18‐105mm EDズームレンズ、55‐300mm ED望遠ズームレンズ

 私の場合、旅客機・貨物機の撮影には望遠ズームレンズを使うことがほとんどです。

 今日の講座テーマは、失敗を恐れずに飛行機を写してみようです。

 私たちが見ることのできる飛行機の動きは「停止」「地上走行」「離陸」「飛行」「着陸」と大きく5つに分けられます。まずは、旅客機や貨物機にカメラを向け、自分が思う通りに写してみましょう。ピントは機体に書いてある文字に合わせるのが基本です。たとえば、日本航空の機体なら「JAPAN AIRLINES」に合わせます。デジカメの機能であるオートフォーカス、連写機能を使えば、1回の撮影で多くの枚数を写すことができます。さらに、デジカメの長所である「写したあとすぐに再生できる」機能を使い、写り具合も確認しましょう。

 今日の写真です。全日空ボーイング 787‐9 R2D2ジェットです。焦点距離は300mm(35mm判で450mm)です。シャッター速度は500分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190213171421j:plain 写真の中央に写すものや人を置く構図を「日の丸構図」といいます。この旅客機はこれから滑走路へ向かうべく移動中です。たまたまシャッター速度が遅かったため、エンジンの後ろから出る熱風による背景のゆらぎまで写り、迫力が加わっています。

 きょうはここまでにします。アクセスしてくださいまして、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

東京国際空港に行ってきました。【その6】

わんたんめんです、こんにちは。

 東京国際空港訪問記6回目です。展望デッキから飛行機の動きを見ていますと、地上で作業をしている方がたの動きがすばらしいです。この日は気温も高かったので地上作業の方がたもかなり暑かったのではないでしょうか。あと、地上作業の方がたの動きで私が好きなのは、プッシュバックを終えたあと手を振って見送る姿です。どの国の飛行機に対しても同じに手を振って見送っていて、ここには国境がないのだなあと思いました。本当にいい光景でした。

 きょうも写真を2枚載せます。

 まずは、プッシュバック中のJA839Aです。機種はボーイング787‐9です。焦点距離は58mm(35mm判で87mm)露出は2000分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190209115519j:plain

 2枚目は滑走路へ向かうべく動き出したJA839Aです。焦点距離は78mm(35mm判で117mm)露出は2000分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190209115747j:plain 一枚の中に、地上作業員の見送り姿と見送られる旅客機をどうしても入れたくてとった構図です。写真を拡大すると地上作業の方がた2人とも手を振っています。

 きょうはここまでです。アクセスしてくださり、本当にありがとうございます。

ホテル宿泊記【THE SAIHOKUKAN HOTEL編②】

わんたんめんです、こんにちは。

 きょうはホテル宿泊記の2回目です。

 大晦日当日は午後6時00分まで仕事があり、これを終えてからホテルに向かいました。ホテルの駐車場にはたくさんの自家用車が並んでいました。チェックインをすると宿泊料を前払いでお願いされました。払い終えたあとベルボーイにエレベーターまで案内されました。指定された部屋は南館の3501号室です。5階の客室で広さは18平米です。ベッドはセミダブルです。客室は特に狭くは感じませんでした。独りで泊まるのでちょうどいい大きさなのかもしれません。入るとベッド脇のテーブルの上に碁盤と碁笥が置いてありました。この碁盤に驚きました。一枚造りの立派な碁盤です。厚さは7センチ程度あります。NHK杯テレビ囲碁トーナメントなどで使われている物に近いです。碁盤の表面は凹みだらけです。おそらく、数十年の間に数百という対局がこの碁盤で行われた結果だと思います。私はさっそくこのホテルで行われた碁聖戦棋譜碁石を並べた順序の記録)を見ながら碁石を並べ始めました。碁笥は鉄製と思われ、小ぶりのものです。棋譜はこの対局を主催した信濃毎日新聞社のサイトから前もってダウンロード・プリントアウトしておきました。この他にもさまざまなプロの棋譜をダウンロード・プリントアウトしてバッグの中に入れてきていました。19時00分から夕食でしたので、その10分前ぐらいまで並べていました。

 きょうの写真です。1枚目はエヴァー航空のエアバスA330‐300です。台北から飛んできました。便名はエヴァー航空 BR192便です。焦点距離は102mm(35mm判で153mm)露出は3200分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190129132747j:plain

 2枚目は上海航空エアバスA330‐300です。プッシュバックが終わり、これから滑走路へ向かうところです。便名は上海航空 FM816便です。焦点距離は55mm(35mm判で82mm)露出は3200分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190129133001j:plain 

 きょうはこれで失礼します。アクセスしてくださいまして、本当にありがとうございました。

 

世界の経由便【10 最終回】

わんたんめんです、こんにちは。

 きょうは世界の経由便第10回、最終回です。

 きょうは、キャセイ パシフィック航空編です。

 香港 ~ ヴァンクーヴァー ~ ニューヨーク 機材:777‐300ER

  香港からニューヨークが CX888便、ニューヨークから香港が CX865便です。

 香港 ~ 台北 ~ 成田 機材:777‐300

  香港から成田が CX450便、成田から香港が CX451便です。

 香港 ~ マナーマ ~ ドバイ 機材:A330‐300

  香港からドバイが CX745便、ドバイから香港が CX746便です。

 香港 ~ 台北 ~ インチョン 機材:777‐300、A330‐300

   香港からインチョンが CX420便、インチョンから香港が CX421便です。 

 香港 ~ バンコクシンガポール 機材:A330‐300、A350‐900 or ‐1000

  香港からシンガポールが CX619便、シンガポールから香港が CX712便です。

    香港 ~ 台北 ~ 中部国際 機材:777‐300、A350‐900

  香港から中部国際が CX531便、中部国際から香港が CX530便です。

    香港 ~ 台北関西国際 機材:777‐200 or ‐300ER、A330‐300、A350‐900 or ‐1000

  香港から成田が CX565便、成田から香港が CX564便です。

  この航空会社は本当に最新鋭機の導入が早いですね。ついていくのがたいへんです。

 写真はエアバスA330‐300です。焦点距離は65mm(35mm判で97mm)露出は1250分の1秒です。f:id:Wantanmen:20190126112534j:plain

 これで世界の経由便シリーズは終わりですが、自分としても良い勉強になりました。

 今日はここまでにしておきます。アクセスしてくださいまして、本当にありがとうございます。